読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもココロに太陽を。

わたしらしく進もう♩#不妊治療はじめました#備忘録#早発閉経#POI#低AMY#31歳#事実婚

これまでのこと④

続きです

これまでのこと① - いつもココロに太陽を。
これまでのこと② - いつもココロに太陽を。
これまでのこと③ - いつもココロに太陽を。




***

上京を機に、ブログの方からもオススメされていた某大学病院→今のクリニックに転院したのがたしか26歳(2010年)のころ。



某教授の診察を受け、子どもについても諦めずにいようと決める。

IVAについてもちらっと先生が話をしていたと思う。
けれど未知な世界に、不安が大きく、その時はそこに飛びこむ決断を、ひとりでくだすことができなかった。

結婚はまだ?と先生に言われ続け、
(相手がいないものはしょうがないやん。と、思いながら)
ひとまず挙子希望がない間は、低容量ピルをのむための通院を続けた。



そして31歳(2016年)の7月、治療をはじめたのです。




治療開始時を振り返った記事↓↓↓

D1 診察きろく@3周期め と、新年の抱負。 - いつもココロに太陽を。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村

これまでのこと③

続きです

これまでのこと① - いつもココロに太陽を。
これまでのこと② - いつもココロに太陽を。




***


誰にも話せない間は、とくに辛い日々だったと思う。
生きている意味がないのなら、いっそ。。。

と、悪く考えすぎてしまう日もあったほど(もちろん考えるだけですが)。




そんな中、大きな転機が。
早発閉経で治療をしている方のブログを、見つけたのです。


一人じゃない、そう思えたこと
治療はつらくても前へ進む姿、
旦那さんとの幸せそうな生活の様子

どれだけ励まされたか!



彼女から頂いたメッセージ。
「自分を不良品のように思わないで。
親孝行は、あなたが幸せなら十分。そして、あなたを愛してくれる人は、きっといます。」

この言葉は、今でもわたしの支えです。



そして、その頃ついに一人で抱えきれなくなり
親にも話を聞いてもらった。

そしたら親はびっくりするくらいノー天気で。笑
悲しむどころか、本当にできないかはわからないし、できなくても大丈夫。

何を根拠にそうゆうのかはわからないけれど、娘の人生を悲観するのではなく、心から大丈夫と思っている様子に
なんだかいい意味で肩透かしをくらったのでした。



わたしも、この病気であることに負けて
それを理由に人生を悲しいものにしたくない。
それが理由で恋愛や結婚が絶対できないとゆうことはないし、
自分の体なのだから大切にしよう。そう、思えた。


そしてもうひとつ。
わたしの中で大きかったのは
養子縁組の制度があることを知ったこと。

もちろん治療して、自分の可能性に賭けたい気持ちはあるし、後悔のないところまで頑張りたい。

でも、もし、本当に自分の子どもを産むことができなくても
自分と、いつか旦那になる人がその道を選べれば『家族』を作ることはできる。



早発閉経は悲しい現実だけれど、
家族を持ちたいとゆう希望は叶わないことではなくって、自分(たち)次第なんだ。


そう思えた時、前を向けた気がします。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村

これまでのこと②

続きです

これまでのこと① - いつもココロに太陽を。



***


地方の大学病院では、症例も少ないのか
担当してくれた教授も卵巣機能不全については専門分野ではなかったからか
優しさだったのか。


はっきりと早発閉経、とは言われなかったように思う。



ただ、薬をやめてみて経過をみたり、DHEAをのんでみたり、
(その間もたぶん薬をのんで生理をおこしたりもしてたんだと思う、)
挙子希望はなかったため積極的な治療はせず経過をフォロー。



薬を飲まないと時々不正出血はあったものの、生理はなかった。





それにしても、早発閉経って。
まず、言葉のパンチ力がすごいですよね。

もう不吉な予感しかしない。




その当時、母が子宮筋腫で、毎月の生理でひどい貧血になって大変で、早くあがらないかしらとかって話をしていたのだけれど。


閉経。。。閉経ってその閉経?

娘のわたしが先に閉経だ、なんて
いったい、なんの皮肉なのかと思った。




ネットで調べて、その言葉の意味することを知って、衝撃だった。


ただ、その頃のわたしは彼氏もおらず、結婚もまだ遠い先の話。出産なんて、さらに遠い話だったから、なんだか現実味はなかったと思う。




でも

当たり前にできると思っていた出産や、子どもや家族を持つことができないなんて。

もう一生、恋愛も結婚もできないのかぁ。

あぁ、親を悲しませるなぁ だから誰にも話せないなぁ。

さみしいなぁ。




わたしの生きている意味ってなんだろうって

静かに静かに、落ち込んでいった。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村

これまでのこと①

21歳冬(2006年) 最後の生理があったと記憶している。


中学1年生の時、初経があってから特に生理不順だったわけでもなく、生理がこなくなって、妊娠した!!!!と大騒動でした。

ま、結局そうではなく。




婦人科にはすぐにかかったけれど、若いし生理が止まったりすることはよくあることだ、と様子を見ることに。

そのあとはすぐに就職で、今度はストレスだろうとただ本当に様子を見ていた。

生理がこないことに当時全然深刻ではなくて、それでもしばらくして、近所のおじいちゃん先生のいる産婦人科にかかり、プレマリンとディファストンを処方されていた。



おじいちゃん先生は、何も説明してくれなかった。
薬を飲めば生理もあるものだから、わたしはここでも特に何も心配していなかった。




おそらくそれから3年ほどして24歳のころ(だったと思う)、
職場の上司に通院している話をしたら、勤めていた大学病院の受診を勧めてくれ転院。


プロラクチンが少し高くて、脳のMRIを撮ったり、甲状腺機能を調べたりしたけど、悪いところはなさそうと、診察してくれた若い女医さんが困っていたのが印象的でした。


「わたしも詳しくはないのですが、早発閉経なのかもしれません。。。教授にかかってもらいます」と、言われたのがわたしがはじめて早発閉経とゆう言葉を知ったタイミングだった。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村

まとめて 診察きろく@3周期め

早いもので1月も終わり2月。

なんだか落ちこみ気味な日々は続いています。


年末から引き続き仕事も忙しくって。
疲れ切って帰る→くたくたで出勤を繰り返す日々に、これでいいのか?と自問自答ばかり。



そんな中、淡々と点鼻(ブレセキュア4回)と注射(ゴナールまたはフォリルモン300単位:D12〜増量)を重ね 通院はしておりました。




□□ D12 D19 D26 D33
E2 40.2 79.6 40.3 50.2
FSH 20.8 26.7 22.9 23.3
LH 3.8 2.8 3.2 1.3

(プレマリン1錠内服あり)






……微動だにしない卵巣。泣けてくる。

不安を口にすると現実になってしまいそうで、こわくて不安を吐きだすこともできなくて
でも ふとした瞬間に、ポロポロ涙がこぼれてきたりする。

くそーう!






仕事なんて辞めちゃって、やっぱり治療に専念したほうがいいのかな。

仕事辞めればストレスフリーだし、
通院もしやすくて、
時間があれば運動もできて、
気持ちも爽やかで
治療効果もかわるんじゃーーー!!


と、極端な思考に走ります。




いや、でも落ち着くんだ。うまく行かないのは別に仕事のせいだけじゃないし!
それに、養ってもらえるような立場ではない。



そもそも
わたしが求めているものってなんだったっけ。
前向きな気持ちで治療してるつもりだけど、なにか間違えてる?続けて平気?

いつの間にか、自分をせめてばかり。




今、どうすることがよいのか、何が正解かなんてわかんないんだよ!
それなら自分が信じることを信じていたいよ!

卵が育たないことが、ただただ悲しい〜!!!



モヤモヤモヤモヤモヤ。







***




厳しいけれど、やるしかない。
やった人にしか結果はでないし
つらいのはきっと、みんな同じだ。
そんな中、みんな きっと自分を奮い立たせてがんばってるんだ。

そんな風に思って、自分を励ましています。




なーんかもっと、こう
カチコチの思考から解放されて
頭でっかちな状態から
体が浄化とゆうか、体も心もふわふわやわらかに、自分自身に優しくなる方法はないのかしらね。
(↑なんかもう よくわからなくなってます)




まずは自分を労らねば。
そうゆうことですよね、きっと




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村






リラックスして日々を過ごせることに感謝しています。
自分を労わり、愛することができます。
眠っていた卵巣から卵が目覚めて、元気に育ち、採卵できました。体外受精が上手くいきました!ありがとうございます。






言霊様!どうかよろしくお願いします。

D36 診察きろく@お休み周期

D36
E2 : 20.3
FSH : 57.5
LH : 22.4


それこそ誤差の範囲かもしれないけれど思ったより、E2がでていた。

全く薬を飲んでいない間、不正出血が少し。
他に、スゥーっと血の気が引くような感じが続く時があった。
豆乳でも飲んでみるかな?とか考えたり、気のせい気のせいと、やり過ごしてるうちによくなったけど。

こうゆうホルモンバランスじゃ、仕方ないものか。



さぁ、リセット開始!!
リセット後の採血次第では、誘発を引き延ばすことがある、と先生に言われる。
どれがどれくらいになればよいのか、詳しく聞いておけばよかったなぁ。



誘発が、待ち遠しい。
やるしか、ない。

朝 プロゲストン1錠+プレマリン1錠
夕 プロゲストン1錠+ソフィアA1錠
を、10日間。


この空白の期間が、次にいい影響をもたらしますように⭐️

わたしのために。そして 彼の、ために。

 

 
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村



🍀言霊🍀
卵胞が育って、採卵できました‼︎
体外受精が成功しました。ありがとうございます。
入籍します!妊娠しました。わたし、かわいい赤ちゃんを出産します!

D8&D22 誘発開始!と、思いきや。

リセットが終わり、D8通院日。

E2:47.7
FSH:19.6
LH:5.8


年内最後の誘発だー‼︎と、気合い入れて通院したところ、

今回は、全ての薬をoffしてみましょう と、


お?( ̄∇ ̄)
これは?

薬を辞めてFSHと、LHをガーッと上げて、急激に下げると、そのあと卵が育つことがあるってやつですか?


なんとー‼︎
気合いが空回り。
前周期の最後にHCG注射とやらも初めてしてもらい、今周期いい効果があるかなって、期待していたのになぁ。

先生いわく採血も、いい感じにコントロールできている◎
ってことだったし、すこーし残念。


って、ことで現在プレマリンもoffして経過観察中です。

これも無駄な時間じゃないとはわかっていても、何もしない時間はなんだか焦る。
年末年始との兼ね合いはどうなるんだろう〜‼︎‼︎と、モヤモヤモヤ。



D22

E2:10.6
FSH:64.2
LH:23.3


悲しいかな順調にFSHは上昇。今のところ体調不良はなし。
このあたりからリセットかと思いきや、プレマリンoffは4週間くらい続けてみることもあるそうで、年末年始も見据え、もうしばらくoffで。

年明けは待たず、年末から誘発できるようリセットしましょう と、今後の方針が見えて、すっきりしました。


この間に、自然に卵が育つ可能性もあります
と、言われ しばしそれを信じてみることにします(^ ^)



この日はしばらく思っていたことがあり、少し看護師さん、先生ともお話し。
忙しい中だと思うのですが、話を聞いてもらえてありがたかった。

まだ治療をはじめたところでわからないことが多いけれど、ひとつずつ解決して前に進もうと思います。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村




◎今日の言霊◎
卵が育って、採卵できました。
体外受精も上手くいき、無事凍結できました。ありがとうございます!