読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもココロに太陽を。

わたしらしく進もう♩#不妊治療はじめました#備忘録#早発閉経#POI#低AMY#31歳#事実婚

これまでのこと③

続きです

これまでのこと① - いつもココロに太陽を。
これまでのこと② - いつもココロに太陽を。




***


誰にも話せない間は、とくに辛い日々だったと思う。
生きている意味がないのなら、いっそ。。。

と、悪く考えすぎてしまう日もあったほど(もちろん考えるだけですが)。




そんな中、大きな転機が。
早発閉経で治療をしている方のブログを、見つけたのです。


一人じゃない、そう思えたこと
治療はつらくても前へ進む姿、
旦那さんとの幸せそうな生活の様子

どれだけ励まされたか!



彼女から頂いたメッセージ。
「自分を不良品のように思わないで。
親孝行は、あなたが幸せなら十分。そして、あなたを愛してくれる人は、きっといます。」

この言葉は、今でもわたしの支えです。



そして、その頃ついに一人で抱えきれなくなり
親にも話を聞いてもらった。

そしたら親はびっくりするくらいノー天気で。笑
悲しむどころか、本当にできないかはわからないし、できなくても大丈夫。

何を根拠にそうゆうのかはわからないけれど、娘の人生を悲観するのではなく、心から大丈夫と思っている様子に
なんだかいい意味で肩透かしをくらったのでした。



わたしも、この病気であることに負けて
それを理由に人生を悲しいものにしたくない。
それが理由で恋愛や結婚が絶対できないとゆうことはないし、
自分の体なのだから大切にしよう。そう、思えた。


そしてもうひとつ。
わたしの中で大きかったのは
養子縁組の制度があることを知ったこと。

もちろん治療して、自分の可能性に賭けたい気持ちはあるし、後悔のないところまで頑張りたい。

でも、もし、本当に自分の子どもを産むことができなくても
自分と、いつか旦那になる人がその道を選べれば『家族』を作ることはできる。



早発閉経は悲しい現実だけれど、
家族を持ちたいとゆう希望は叶わないことではなくって、自分(たち)次第なんだ。


そう思えた時、前を向けた気がします。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村